『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越し蕎麦
大晦日に「年越し蕎麦」を食べる習慣がありますが、どうして、年末の最後の日に「蕎麦」をたべるのか?(おでん「関東煮」じゃダメ???)気になったので、調べてみました。

わたしが親や祖母などからきいていたのは、末永くつづくように、細長い食べ物である蕎麦をたべるというものです。

ところで、調べてみると年越し蕎麦は、年内に食べきらなければならないそうで、持ち越すと金運に恵まれないとか、、、

また、江戸時代には、毎月、月末に蕎麦を食べる「三十日蕎麦」という習慣があり、これが転じて、年末に蕎麦を食べる「年越し蕎麦」になったと考えられています。

いずれにせよ、来年も良い年であることをお願いして、蕎麦を食べるのが良いようですね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。