『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓬(よもぎ)の湯
関東煮(おでん)やたこ甘露煮を仕込んでいると、この季節、特に毎日汗だくになります。 濡れタオルで汗をぬぐったりしているのですが、首筋のシワに所に汗疹(あせも)ができてしまいました。 汗疹(あせも)なんてできたのは、小学校か中学校以来でちょっとびっくり。

それはそうとして、汗疹用の塗り薬でも買って塗ろうかと思ったのですが、ちょっとナチュラル志向でいってみようと思い、昔から汗疹や湿疹に効くとされる蓬(よもぎ)の湯のお風呂にゆっくりと入りました。
風呂上がりもさっぱりと快適で、二、三日続けてみます。そうしたら、たぶん、汗疹も良くなる気がします。

ところで、蓬風呂ですが、お菓子用の生(半生?)の蓬葉を乾燥させて粉末になるまですりつぶしてから、出汁袋(紙製のものがスーパーなどで売られています)にいれてお風呂に。 そうすると、お風呂は深緑色の綺麗なお湯になります。 汗だくになった日などには、最適なお風呂のひとつだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/100-5a483ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。