『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和菓子の日
ee9036db.jpg6月16日は「和菓子の日」だそうです。

なんでも、承和15年(848年)に疫病が大流行し、時の仁明天皇が6月16日に菓子などを供えて疫病退散を祈願し、嘉祥に改元しました。(明治以前は、疫病、動乱などがあると、天皇がそれらが収まることを祈願し、元号を改める慣習があったようで、しばしば、元号は変わっています)

そして、6月16日は「嘉祥の祝い」として宮中などで続いてゆきますが、江戸時代になって大衆文化が花咲くと、民間でも「健康と招福」の行事として嘉定通宝16文で菓子を食べるようになり「嘉定喰(嘉祥喰)」の風習が広まります。

これを現代の和菓子屋さんが、「和菓子の日」として復活させ今日にいたります。

私も「とらや」さんで「嘉祥饅頭」を買ってきて、「健康と招福」にあやかりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/102-73a56b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。