『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍安寺「石庭」
d49d942e.jpg最近、たこ梅の日本橋本店の設計などで煮詰まってきたので、リフレッシュと勉強を兼ねて京都の柊屋さんに泊まりに行ってきました。

柊屋さんのことは、「おでん屋「たこ梅」道頓堀日記 」 の方に書いたので割愛しますが、その後、石庭で有名な龍安寺に行ってきました。

石が 七・五・三 に並べられていますが、どこから見ても全ての石を見渡せず、見えない石を瞑想することで思索する場だということでした。

入口に近い側から奥へ微妙な傾斜がつけてあり、実際よりも強く遠近感を感じさせて広く見せるように設計されているということでしたが、眺めてみると、正直思っていたより「狭っ」という感じでした。

しかし、写真に撮ると不思議なことに、手前から奥に向かって撮った方が、反対に奥から撮ったよりも遠近感が強調されます。
写真に撮るとよくわかるんですね。
面白い経験でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/120-887a16ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。