『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こいも」の関東煮・おでん始めます
d7b3e9a1.jpg昨日、今日とさわやかな秋を感じられる日となりましたね。

今日から、寒い時期に1,2の人気をほこる「小芋」が、関東煮の鍋に登場です!!

縄文時代から食べられてきた滋養のあるお芋さんで、親芋にたくさんの子供の芋(小芋)やまたそこにその子供の芋(孫芋)がつくので、子孫繁栄の縁起のいい食べ物として親しまれてきました。

関東煮(おでん)にいれると、出汁と小芋のねっとり感がなんともいえず絡み合って、ついつい一串、二串、三串と串を重ねるお客様もいらっしゃいます。

たこ梅においでのおりには、小芋も忘れずお試し下さい!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/13-c5173210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。