『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田辺聖子さんとおでん(関東煮)屋
20a74a44.jpg昨年になりますが、集英社の方から、田辺聖子全集を編纂しているが、「夢のように日は過ぎて」という作品にもでてくる たこ梅のおでん(関東煮)を撮影させてほしいという申し出がありお引き受けいたしました。

その関係で、本日、「まいにち薔薇いろ 田辺聖子 A to Z」という本をいただきました。
この本にも、その下りがあり たこ梅のおでん(関東煮)が写真でご紹介いただいております。

「まいにち薔薇いろ 田辺聖子 A to Z」ですが、写真がふんだんで、エッセイタッチの書き口ですので、気楽に、そして、楽しく読み進めることができます。 書店で見かけられたら、一度、お手にとられてはいかがでしょうか、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/167-c234ea79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。