『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冬瓜」の関東煮・おでん始めます
4c54b405.jpg冬がついても夏が旬!!「冬瓜」の関東煮・おでん登場です。

冬瓜は夏野菜なのに、どうして、「冬のウリ」と書くのか、、、
それは、果肉に糖分がほとんどなく床下などの風通しの良い涼しいところに置いておくと、冬まで食べることのできる野菜だからです。

現代と違い、冷蔵庫のない時代においては、冬に食べることの出来る貴重な野菜のひとつだったのでしょう。

ところで、栽培技術や品種改良の進んでいない頃、夏、関東煮の大根は食べられたものではなく、その代替品として冬瓜や蕪を使っていました。

たこ梅では、その名残で、いまでも夏場に冬瓜をお出ししているのですが、今では、さっぱりとして口当たりの良い冬瓜は、夏の人気商品となっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/17-d8c78196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。