『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初?「若ごぼう」の関東煮(おでん)
5d56b64f.jpg若ごぼう、、、若い方や大阪以外の方にはなじみの無い野菜かもしれません。
大阪の八尾特産のゴボウで、春先にみかけます。

ゴボウとはいっても、ゴボウ(根っこ)の部分は鉛筆程度で、食べる部分のほとんどは葉柄(茎みたいに見えます)で、葉っぱまで全て食べられる野菜です。

私も子供の頃から、この時期、煮たり、炒めたり、佃煮にしたものをずっと食べてきました。
あんまりにも普通に食べていたので、日本中、どこにでもある野菜だと思っていたのですが、千葉県出身の五代目女将(わたしの奥さん)が、「珍しい野菜だけど、美味しいよね。これ、関東煮にしてみたら?」と言うのです。
「え゛、こいつ何いうとんねん?」と思ったのですが、若ごぼうって、八尾特産で大阪以外では、食卓にのぼらないのですね。(実は、知りませんでした。^^;)
それで、さっそく試作してみたところ、香りが良くてこれが旨い!!ので、すぐに店に出すことにしました。

そんなこんなで誕生したのが、若ごぼうの関東煮(おでん)です。
で、ネットで調べたところ、おでん・関東煮では検索にひっかからなくて、聞いたこともないので、おそらく世界初(?)若ごぼうの関東煮(おでん)の誕生となりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/2-fc7039d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。