『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでんの「鯨すじ」 続き
昨日の話にある「鯨すじ」ですが、たこ梅のおでんとして恥ずかしくないかどうか,
今日は、本格的に、通常の量を新しい材料で仕込んでみました。

この数日間とは、うってかわって、煮くずれも少なく、そうなると、コラーゲン独特のぷりぷりぷにゅぷにゅの食感と赤身の部分の味わいが引き立って、これぞ「鯨すじ」というものに仕上がりました。

早速、本出汁(下炊き用の出汁ではなく、おでん鍋で使っている出汁)で、たきこんで食べてみましたが、

                   う  ま  い  !  !

やっと、安心して、お客様にお出しできます、、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/202-e2f6337f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。