『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こいも、小芋、子芋、、、
9f3af960.jpg「こいも」は、サトイモ科の芋にできる子芋や孫芋のことで、ねっとり、ほっこりと美味しいお芋さんです。
「こいも」は親芋の周囲にできる子供の芋やその先にできる孫にあたる芋などを食べることから「子芋」と書いたり、親芋よりも小さい芋のため「小芋」と書いたりします。
東南アジアのマレー半島あたりから日本にやってきたようですが、その歴史は古く縄文時代といわれます。
日本人のご先祖様も食べたであろう「こいも」ですが、関東煮(おでん)屋 たこ梅 でも、季節のおでんとして「こいも」がはじまります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/72-d179c17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。