『たこ梅』のスタッフ日記
「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」と「酒」にかこまれたスタッフのつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防火管理
0a62458f.jpg昨日、今日と阿倍野の防災センターで防災管理者の講習を受けてきました。
もともと、新梅田食道街やうめだ地下街で、日常的に火を使う 関東煮(おでん)屋「たこ梅」の営業を続けるめに甲種防火管理資格が必要なので受けにいったのですが、この二日間12時間の講習は、防火や防災について目から鱗が落ちる思いでした。

子供の頃、大阪の千日デパートの火災があり、100名以上の方がお亡くなりになりました。 昔の建物は危険だったんだくらいの漠然とした記憶でしかなかったのですが、今回の防災講習で、火災発生時の通報や連絡の問題、非常口前にお店の見栄えの問題からカーテンがひいてあり、そこに非常階段があることをしらなかったためにお亡くなりになったことを知りました。 言い換えれば、ちょっと注意していれば、カーテンさえ勝手につけていなければ、お亡くなりなる方はいなかったかもしれません。

火災は恐ろしいですが、それは、99%以上が人間のそれもささいな不注意や手抜き、身勝手さが死亡事故を生み出しているのです。
ほんのちょっと、たった、1分足らずの火元点検や避難口に物をおかないだけで、死亡事故は防げるのです。

正直、難しいと思うのは、わたしは防災講習を受けてこのような考えに至りましたが、そうでなければ、だれかが日常の防災についての大切さを説いても、「そりゃ大事だよね。でも、これくらいいいじゃん、、、。」という身勝手な気持ちを防ぐことができるかどうか自信がありません。

従業員の皆さんに、防災意識の大切を身をもって感じていただく工夫、努力を重ねていくことから始めようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takoume1844g.blog134.fc2.com/tb.php/89-e3c6e586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。